« 伐採 | トップページ | 開花 »

2009年3月15日 (日)

結婚式③

 土曜日、1ヶ月で3つ目の結婚式。

P10300192 新郎新婦とも上海人で地場系結婚式かな、と思って参加。地場系、というのは日本の地方みたいににぎやかに、脱線したりして楽しむ感じ。

 出てみたら儀式のようにきちっとしたスタイルだった。御両親、親戚、上司、同僚から本人までスピーチが多く。

 特に本人2人のスピーチは決意表明みたいなまじめなのだった。

 新婦の会社関係者として参加。場所は浦東の5つ星ホテル。

 新郎は初対面。一見しておとなしそうな優男だったが、始まるとスピーチだけでなく随所で発言して仕切っていた。上海人男性にしては積極的。聞けば自分で会社を経営している人らしい。

 新婦も相当意志が強くてしっかり者。上海の強い子はいうことを聞いてくれる男が好きかと思っていたがそう簡単なものではないようだ。

 3つ出て、

一つ目:田舎の結婚式みたいな飲んで騒いで楽しく交流。

二つ目:旦那が日本人で日本式。新婦が主役。

三つ目:契約発表会的なきちんとしたイベント。

 いろいろ違うが、共通していたのは、本人も周りも結婚して幸せになる。いいことが起こる。と信じていること。いまどきの日本、結婚したらすべてがバラ色、と心底思っている人は少ない。こちらは今日より明日がよくなる、というのがみんなの基本態度だから手放しでお祝い、というところ。

P10300142 式のスタイルはまちまちだけれど、出てくる料理はほぼ同じ。縁起物が選ばれる。

 そういば日本も同じか。イセエビとか尾頭付きの魚とか、ステーキみたいなとか。定番があった。

 こちらの式は引き出物、という習慣が無い。お菓子と一握りくれるだけ。荷物にならないからこれはよろしい。

 

« 伐採 | トップページ | 開花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式③:

» 新郎の挨拶の定番 [結婚式・披露宴での新郎の挨拶]
新郎の結婚式における挨拶文の書き方を私なりに紹介したいと思います。結婚式において新郎が最も緊張するのが挨拶文ではないでしょうかね。結婚式に来ていただいた方々にもしっかりと御礼をしなければいけませんし、いろんな人が祝ってくれているのですから失礼なこと... [続きを読む]

« 伐採 | トップページ | 開花 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31