« 宮古島:宿 | トップページ | 宮古島遠足100キロ②:ゴール »

2009年1月18日 (日)

宮古島遠足100キロ①:中間点

 18日の那覇ー上海で帰る。先行予約のANAは18日朝フライト無く、17日走った後19時の便で那覇に戻る。とすると17時までにはゴールしたい。12時間。まあ大丈夫だろうが。。

P10203162 当日朝タクシーで同宿の人と東急ホテルへ。いつものスタートゲート。

 スタート前の挨拶で海宝さんが、来年もここだけは開催したい、と発言。皆さん拍手。

 5時になりゆっくりスタート。去年とうってかわり寒い。ビニール被っているひともいる。長袖も多い。

553人申し込んで女性が202人とこの大会は毎回女性が多い。

P10203212 宮古島は日本では西にあるからなかなか夜が明けない。この日曇りで7時前やっと明るい。

 つまずかないように暗い中淡々とゆく。10キロ63分。こんなものか。少しスピードを上げる。

 ここまでにもエイドがあるが寒いし補給不要。一杯飲んでさっと出る。

P10203242 20キロ地点2時間4分。この10キロ61分。まだまだまっくら。

おととしこの辺で腹が痛くなってやぶの中に駆け込んだ。

 涼しくて汗をかかない。走ると半袖でちょうどよい。走りやすいコンデションだ。

P10203262 エイドが有る狩俣中学、20.8キロ、過ぎて狩俣集落あたりで完全に夜が明ける。一路海岸沿いを池間大橋、池間島へ向かう。

池間大橋袂でトイレへ。一昨日から大食続きなのに排便できず。腹がはって気になっていたからすっきり。

 池間大橋から振り返って見た日の出。南国だ。

P10203272 トップの人が橋の途中でもう来た。こちらは25キロ。むこうは32キロくらい。すごい。

 島に入るとすぐエイド。応援バスも停まっていて盛大に迎えてくれる。

 まだまだ補給必要ないから水だけ飲んでさっとでる。

 調子が出てきた。

P10203302

池間島を一周してまた元に戻るコース。前後のランナーがばらついてきた。

 陽が出ると共に雲が晴れて青空満開。良い天気になりそう。普通だと猛暑が心配だが今日は風が冷たい。天気予報の最高気温は21度だった。

P10203312

島の反対側、灯台の少し先に30キロ。ここまで3時間3分。この10キロ59分。60分切れた。このペースを続けたい。

 この島一周6キロはゆるいアップダウン続き。ここで早くもダメージ受ける人が案外多いらしい。暗い中走ってきて明るくなったら上り下りで驚くのかもしれない。

P10203342 島を後に池間大橋を戻るとやってくるランナーとすれ違いエール。みなさんまだまだ元気だ。

 35キロを過ぎて復路の狩俣中学前エイド37.4キロ。もう日差しが強くなってきた。中間点48キロまであと10キロ。そこまで一気に走ることとする。

 P10203362

 40キロ4時間1分。この10キロ58分と上がってきた。中間点までに6分/キロペースにしたい。このあたりは一人旅。

 すぐに42キロの分岐点エイド。水とポカリを一杯ずつ飲んで出る。

P10203382 ちょっとした坂が延々と続く。中間点までもうすぐだ。

左足かかとにまめができてきた。靴が合わないか。

 今年は中間点手前に「あと1キロ」の看板が出ていた。

 精神病院を過ぎるとすぐ中間点。4時間48分。ちょうど6分/キロペースだ。

P10203412

何も預けていないし、腹も減っていない。毎年ここで10分以上滞留したが今年は疲労もなし、タイムがよさそうだからなるべく早くでることにした。

 まず名物サトウキビジュース。甘くておいしい。

P10203432 ついで団子汁。これは毎年味が少しづつ違うが今年もおいしい。気温が上がり汗をかきまくったので塩を補給。

 まめの具合をみるがまだ気になるほどでもない。4分休憩して中間点エイドを後に。

 

« 宮古島:宿 | トップページ | 宮古島遠足100キロ②:ゴール »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島遠足100キロ①:中間点:

« 宮古島:宿 | トップページ | 宮古島遠足100キロ②:ゴール »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31