« AKIHABARA | トップページ | すき焼き »

2008年10月11日 (土)

水族館

 5時半から25キロ。毎度の金橋ー張江ー世紀公園。8時にスタートするランナーズ&チームアジアの方々に挨拶して帰る。

 城内坂の後、左足底筋の突っ張りが治らない。止まって歩き出すときぎこちないのでみんなに、「足どうしたの」といわれる。もう6-7年続く持病みたいなものだから放っておくしかない。

 一度スポーツ外科の専門医に相談したら、これは手術して良くなる保証はないし、休んで自然治癒を待つしかない、といわれた。以来何もしない。

P10100542 行こうと思っていて行けなかった上海水族館へゆく。入場料120元は日本円だと2000円くらい。高くないか? 

 とにかく魚と水がきれい。ふんなど浮かんでおらず、傷ついた魚がいない。

 狭い場所を活用して地下にもぐる。

 最初のほうは淡水魚が多い。あとはいろいろ。

P10100522 カメレオンもいる。全然動かない。観客がガラスをたたいても何の反応もない。

 感動したのは揚子江鰐、小さな鰐で魚や亀など小動物を食べる、とあった。

 揚子江イルカはいない。もう絶滅してしまったといううわさは本当かもしれない。

世界各国の魚を集めてにぎやか。アマゾン、オーストラリア、南極(こちらはペンギン)。

P10100482

全体としてサメとエイが多かった。こんなかわいいエイではなく、チューブの水槽通路の頭上を通過するボスタング(ウルトラQです)。

 まさにドラマそのものの形と口の位置。

 サメは、フカヒレを取っている様子だったり。悲しい展示が多かった。 

 強い物がやられる姿は哀れだ。

 

« AKIHABARA | トップページ | すき焼き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水族館:

« AKIHABARA | トップページ | すき焼き »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31