« 国東半島100キロ:到着ースタート | トップページ | 国東半島100キロ:折り返し »

2008年10月20日 (月)

国東半島100キロ:30キロまで

 このコースは100キロにしては平坦。150mくらいの山が2回と60mの丘が2回。うねうねした地帯もあるけれど、半分くらいはまっ平ら。当然良いタイムが出そうなものだ。

 で、今回こそはサブテン。と密かに目標にしていたが。。。

P10101192  スタート5時は真っ暗。わけのわからないアップダウンをえいこら走っているうちに夜が明けた。帰りに道の様子がわかった。

 暗くて最初写真とらず。

 この大会は珍しく3キロおきに距離表示がある。12キロを1時間8分で通過。サブテンにはエイド休憩含めてキロ6分だからここまで悪くない。

 でもちょっと飛ばしすぎ気味か。

P10101222 12キロ過ぎに大分空港。朝の6時とあり人気が無い。

 空港脇のホバークラフト乗り場を遠めに見るとかなり奇妙な建造物だ。知らない人にはなんだかわからないだろう。

P10101252

最初のエイド。朝方涼しいし、まだ大して走っていないから水を飲んでさっと出る。スタッフも一人でのんびりと構えている。

 エイドは3キロおきが基本だが、何箇所か場所の関係だろう、飛んでいる。前半は気にならないが、後半暑くて、ばてて来たころエイドに焦がれるようになる。

P10101282

日の出。空港を過ぎて、平坦な県道213号を一路北へ向かう。

周りは収穫前の水田が広がる。

今回100キロ参加者100名余り。まだ人がいるが、この人数だとすぐにばらけるはず。

P10101312

18キロ地点のエイド。

 このところずっと左足首が腫れてつり気味。長く走ると痛むが、休んでも完治しない。今回も不安で一杯。すでにこの辺で痛みを感じ始め先が思いやられる。

P10101352

21キロ2時間1分。キロ6分ペースより5分早い。

ここから213号と分かれて海岸沿いのサイクリングコースへ。今までの県道沿いもサイクリングコースになっていた。

P10101372 右側の景色は穏やかな瀬戸内海。関さば、関あじの漁場。

 散歩でそぞろ歩きなどしていると和みそうな場所だが、カーブを曲がるたびに同じ風景。しばらくすると飽きてきた。

 P10101402

それと、このコース沿いにずっと神社仏閣が多い。後で聞いたら国東半島は古くから信仰の地で、神仏習合の神社仏閣が多い土地だと。「日本の秘境100選」(そんなものがあること自体しらなかった)にも選ばれているとも。

 P10101422 30キロ手前で道を間違えて左折するとこを直進。行き止まりになり堤防沿いに進んだら復帰できた。もうこのあたりで前後に人がいなくなった。帰りにみたらちゃんと誘導矢印があり、なんでこんなところで間違えたのかP10101432 。24キロくらいから急にペースダウンした。サブテン難しそう。27キロー30キロに25分くらいかかった。ちょっと遅すぎ。帰りもこの区間ペース以上に時間がかかり、距離表示がずれているのかもしれない。

 ここは海辺の公園で大きなエイドになっているが、朝早くてまだ人がまばら。

« 国東半島100キロ:到着ースタート | トップページ | 国東半島100キロ:折り返し »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国東半島100キロ:30キロまで:

« 国東半島100キロ:到着ースタート | トップページ | 国東半島100キロ:折り返し »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31