« 雁坂峠越143キロ:峠の登り降り | トップページ | 雁坂峠越143キロ:川越着 »

2008年9月16日 (火)

雁坂峠越143キロ:初の正丸峠へ

    この大会はマラニックらしくサポートは最小限。必要な荷物は全部持って走る。預けて途中で受け取れない。エイドは143キロで8ヶ所と少ない。暑い時期なので当然皆飲み物を担いで走る。

 とはいえ、エイドが少ない分エイドのもてなしは最高。特に手作りの食べ物が多く奥武蔵同様アットホーム感が強い。

Cimg54242 川又エイドで15分ほど休養して出発。いてっ。降りるとき、靴の中で足がつま先寄りになってしまい、両足の親指爪がはがれてしまった。途中気がついたが降りるのに必死で。気にしだすと痛い。

 エイドを出てすぐ、140号と別れて旧街道、旧国道の方へ登る。また。。。登り。

 ここは勾配きつく歩く。

Cimg54252_2

途中見かけたシャベルカー。東京大学と書いてある。東大はお金持ちと聞いていたが、こんなものまで持っているのか。近所に林業用地でもあるのだろうか。

Cimg54262

旧街道で古い家が多い。土蔵なんかもある。関所がある栃本は集落として大きくはないが、高台の要害の地、という様子で下を流れる川ににらみをきかせているたたずまい。

 走ったり、歩いたり、天気もよし、休み後で少し元気になり進んでゆく。

関所を過ぎ、しばらくするとまた国道140号、青梅街道と合流。家が増えてきて、コンビになどもちらほら。

Cimg54302 右手を見ると秩父湖が横たわっている。このあたり、歩道がなく、ダンプやバスが通るので少し怖い。今年は天気が良いのでまだよかった。

 秩父湖のはずれ、二瀬で歩行者用のトンネルを渡る。くぐってしばらくするとまた140号へ。

 前後3人で抜きつ抜かれつ走る。こんなところで競っても仕方ないのだが、人のペースが気になってしまう。

Cimg54342 それにしても暑い。手持ちのペットボトルの水量をいつもチェックして、自販機で早めに買っておく。このあたり10キロで1本くらいのんでいた。

 単調な道をよろよろ進んで、道の駅を過ぎ、エイドはまだか?と焦っていたらやっとCP4大達原バス停前着。67.5キロ地点。16時10分。この15.5キロ約1時間40分かかった。

 博多ラーメンがあったが食べず。サンドイッチと果物を多量に摂取。

山岳地帯が終わり、舗装路を走ってきたので少し足の調子が戻ってきた。休憩5分くらいで出発。次のエイドは17.5キロ先と遠い。

Cimg54352_3 秩父の町のほうへ向かうがまだまだ川を覗くと深山幽谷の風情。

秩父鉄道三峰口駅を過ぎる。このあたりが72キロくらい。距離ではちょうど半分まできた。あと半分か。。。

 ここから秩父鉄道や西武秩父線に沿いながら走るようになる。ということは。。。リタイヤの誘惑に常にさらされる。

幸いにして秩父に入り、平らになってきたら足の調子がかなりいい。ようやく?ペースがつかめてきた。はがれた爪は痛いが筋肉は動く。

薄暮の中、約10キロノンストップで走った。おかげで写真撮らず。

Cimg54392_2 CP5秩父市役所近所の熊木商店着。酒屋さんです。85キロ地点、18時27分。17.5キロを2時間10分できた。

 冷やし白玉ぜんざいがおいしかった。あと麺をいただいた。そうめんだったかな?忘れてしまった。

 ここでリタイヤ、という人が2人いた。一人は前エイドからほとんど歩き、3時間20分かかったと。一人はとても最後までもちそうにないし、ここから山道でリタイヤできる場所がないから、と。

10分休憩して出る。あと58キロか。まだまだ正丸峠があるしはるか先のゴールだが、制限時間まで11時間半ある。歩いてもなんとかなるかな、と思い始める。

Cimg54412 明日は中秋の名月。今日は14夜だ。気がつくと空が晴れて、きれいな月が出ている。

 峠までいくともっときれいだろうが。峠の雲行きは如何?

 すぐに右折、国道299号に入る。ここから正丸峠まで基本的には上り。ところが、涼しくなってきたせいもあり、足の調子は相変わらず悪くない。ゆるい上り坂は走ってゆく。

前には誰も居ない。後ろに4-5人明かりが見える。皆走っている。気温がこんなに影響するとは。

Cimg54432 右折して10キロ。正丸峠手前で右に入る。旧国道。青梅方面、へ行く。ここから新ルート。

 真っ暗な登りを歩いていたらいつの間にか3人同行となった。ひとりの方はベテランで試走もしている。その人にルートを聞きながら登る。

 走ろうと思えば走れないこともないが、そうまですることもない、と歩く。

最初は集落もあり、明るかったが、途中から真っ暗。残念ながら月も隠れた。不意に車が来て人を見て驚いてよける。猿か何かが鳴いている。

Cimg54452歩くこと45分、20時51分CP6到着。真っ暗な三叉路にテントを張ってくれている。エイドの方も相当なランナーのようだ。

 水分中心におかゆなどもらってしばらく座る。

 上りで走った付けが出てきて太ももが筋肉痛気味。残りあと42キロ。フルマラソンの距離になった。

 

 

« 雁坂峠越143キロ:峠の登り降り | トップページ | 雁坂峠越143キロ:川越着 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越143キロ:初の正丸峠へ:

« 雁坂峠越143キロ:峠の登り降り | トップページ | 雁坂峠越143キロ:川越着 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31