« 夜叉が池(4)マラニック:復路ーゴール | トップページ | 虫 »

2008年7月30日 (水)

夜叉が池マラニック:帰途&感想

 事前の期待では、アクシデントが無ければ15時ー16時にゴールできるだろう、と踏んでいてその範囲内で帰れた。終了直後、もちろん足が痛いが歩いたり座ったりに支障は無い。足裏はいつもどおり痛い。

 一休みして隣のレジャー施設「ばらの里」で風呂に入る。途中宮古島友達のTさんがゴールしてきた。15分違いくらい。風呂は一般の人もいるが、マラソン用にシャンプーが置いてあったり、ここでも至れり尽くせり。

 風呂に入ったら動きたくない。でもしょうがない。上がって再び公民館に向かうと大阪のOさんがゴール。去年よりも1時間遅いと。みなさん暑さで軒並みタイムが悪い。

 時刻表見たら16時24分があるので荷物持ち駅へ。大垣から金山、中部国際空港へ。この夜は空港横の東横インに泊まる。翌日9時発のCZで上海へ。10時過ぎ浦東に着き午後から会社。「岐阜は暑かったでしょう」とみんなに言われた。

(感想)

・暑かった。特に初日はいくら水分補給しても追いつかない。今回胃薬を飲まずに走ったから胃がやられないか心配だった。濡れタオルを帽子にはさんで走るのが効果ある。走っているうちに暑いのに慣れてきたので走るほうへの影響は最小限に食い止められたか。常連さんは、年々暑くなってゆく。温暖化だ。といっていた。

・コース的には雁坂峠のほうがきついだろう。間違いない。高低差が違う。後半のばて方は雁坂峠のほうがひどかった。

・途中で完全1泊するレースは初めて。休めていいと思う。おかげでゴール時の消耗が少ない。途中一緒になった人は、どうせきついなら通しで走ったほうがいい、といっていたが。

・参加者顔見知りばかり、という雰囲気。素人マラニック愛好者の夏の祭典というところだろうか。来年は?出たい気もするが、上海からいくと3泊4日必要で時間を作るのが大変。

« 夜叉が池(4)マラニック:復路ーゴール | トップページ | 虫 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

こんなに暑くても走るんですね。。。
凄すぎです。

私は営業中走るだけで気が遠くなってます。

 完走率60%弱だったそうです。いつもより悪い。やっぱり暑かったんだ。
 東京で営業中走るの。危ないでしょう。気をつけて。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜叉が池マラニック:帰途&感想:

« 夜叉が池(4)マラニック:復路ーゴール | トップページ | 虫 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31