« 銅像 | トップページ | トレーニング »

2008年7月 9日 (水)

城壁談義

Cimg24922 知り合いの中国人と飲んでいて古城壁の話になった。彼にこの話をしたことがなかった。一般の中国人は遺跡とか古文物に関心がない。中国人にこの手の話を振っても乗ってこない。

 食事の場所に大幅に遅れて行ったら「南懐仁」全集「中国禅宗と道教」などという本を読みながら待っていた。古い知り合いだがこういう方向に関心があるようには見えなかった。

で、城壁の話を非常に興味を持って聞いてくれた。中国人は今のところこういうことに無頓着だが必ず10年以内には見直されるだろう、と。それにそういう田舎に行く交通についての紹介が少ないからみんな参考になると思う。といっていた。城壁回りを始めてから本屋に行くたびに関連書を探しているが一向にみつからない。何でこういうものに中国人は関心がないのか、と常々思う。でも彼のような人がだんだん増えているのではないだろうか。

写真は崇武城門。

« 銅像 | トップページ | トレーニング »

古城壁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城壁談義:

« 銅像 | トップページ | トレーニング »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31