« 猛暑 | トップページ | 熱風 »

2008年7月 6日 (日)

暑中走

Cimg49942_2 月末まで大会無し。暑くなってきたし今朝5時過ぎから30キロ走に出た。気候を考えて木陰があるコースを選ぶ。張江はダメ。金橋のほうにした。いつもの明月路から金橋路を越える。通常は川橋路を行くが、一本北の雲橋路を行く。Nestleのミネラルウォーター工場なんかがある。

 この時点でまだ6時前だから人がまばら。天気はかんかん照りなるも涼しい風が吹いていまんところ走りやすい。道行く人がいないから走る人などみかけない。途中柵の中から軍用犬みたいな番犬2匹にいきなり吠えられた。気分悪い。

 申江路で約50分。ここまで6分/キロくらいでき来ている。ここからいつもは右に曲がるが、左へ曲がり外高橋方向へ向かう。道の東側に木がこんもりと繁っている。こちらを行く。すでに日差しが強い。

Cimg49972上海GMの工場を左に見て巨峰路を右折する。すでに汗だく。ここからしばらく木が少なくて直射日光に当たる。暑い、というよりも消耗する感じ。

 外環路の高架を渡る。そこそこ風が吹いており、開けたところに来ると気持ちいい。外環路の上に登ると南西からなんともいえない涼快な風が来た。ちょっと立ち止まり風を享受する。外環路脇は依然として昔ながらの江南農家が立ち並んでいる。

外環路を過ぎるとまた平らな道が続く。時計をみるともう1時間半過ぎている。戻ることにして民耀路を右折。一路南へ。このあたり住宅街でもう人が起きていてにぎやか。走りにくい。

 金海路へ出て右折。A20の下をくぐり西へ西へ。相当つらくなってきた。日陰を選んで走る。女の子達はみんな傘をさしている。

Cimg49992

申江路を左折。こんな標識前は無かった。バス停の案内がある。

 それにしてもしんどい。雲橋路の門で水筒の水を飲んで少し歩く。すぐ回復してまた走り出す。スピードが鈍っていてなかなかはかどらない気がする。

 このあたりで、どれくらい走るか考え始める。このまままっすぐ戻ると28キロー29キロくらい。もうちょっと行きたい。といってあんまり長いのはつらいし。

 金橋路に着くころ、32-33キロコースにすることにした。暑さでばてているが、足は大丈夫だ。

また明月路から羅山路。川沿いの散歩道に入り世紀公園を一回りして帰った。仕舞いの方は本当につらかった。

この季節の30キロは確実に冬の42キロよりもつらい。帰って体重を量ったら昨晩よりも2.5キロも減ってる。ほとんど水分。シャワーを浴びてコーラと水を1リットル以上飲んだ。いつまでも体が火照るから寝室にエアコンつけて横になったら眠くなってきた。相当消耗したものとみえる。不思議なことに食欲が乏しい。冷たいものの取りすぎか。

 30数キロでも予想以上にダメージあった。8時でもう焼け付く太陽。9時から15時は走れそうにない。30キロといっても走ったのは5時過ぎから8時半すぎまで、まだ一日丸々残っていて得した気分がした。夏は朝か夜走るに限る。

« 猛暑 | トップページ | 熱風 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑中走:

« 猛暑 | トップページ | 熱風 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31