«  消耗 | トップページ | 夜叉が池(4)マラニック:復路ーゴール »

2008年7月30日 (水)

夜叉が池マラニック(3):山登り

 7月27日朝2時30分起床。前夜もらったおにぎり三つとバナナ2本、オレンジを食べる。これが朝食。思い思いに支度して3時30分スタート。去年までは3時だったそうだ。

 まだ夜が明けていないのに蒸し暑い。最初ロングタイツ、長袖シャツにしようと思ったが、急遽前日のハーフタイツに履き替える。上は長袖のまま。途中で着替えることに。

Cimg52172  真っ暗な中林道を20キロかけて400mほど登る。暗いうちは周囲が見えず。ひたすら前へ前へ。50キロの標識見つからず。上り坂が続くも一晩寝て前日よりもやる気というか実感が湧いてきてかなりのスピードで飛ばす。

 4時30分には明るい。2日目スタートして15キロ、60キロ地点を5時13分に通り過ぎる。気がつくとかなり前の方を走っているようだ。

夜叉が池登山口の鳥居前で。このすぐ後ろにエイドがあCimg52212

り、荷物を預けられる。何の気なしに半袖シャツを1枚袋にいれておいた。帰りに着ることとして、エイドで水分補給、ペットボトルの水を1本と軍手をもらう。軍手は山登り用。いよいよこのコースのメイン、ということで初参加の身としてはわくわくする。

Cimg52232 エイドから200mほどで山の中に入る。片道約3キロの道のりで、ほとんどはよくある登ったり下ったりを繰り返しながらの登りコースで、岩や木の根やらにつまずきそうになりながら行きはほとんど歩き。

ふとみると、北海道のOさんとか岐阜のOさんとか強豪が目の前に。ちょっと飛ばしすぎか?

Cimg52262 なんて心配は全く無用で。山に慣れていない自分はあっという間に置いてゆかれ、後ろから来るベテラン達にどんどん抜かれる。怖いからとてもスピードを出す気になれない。ひたすら安全運転で行く。

 途中3箇所ほど湧き水や沢があり、水が飲める。ペットボトルの水を補給したりする。

 山に入ってすぐ、トップの人が現れた。山の上り下り分差が付いている。どうしてこんなに速いのか?

登山道入口のボランティアの人が「行って帰って2時間かな」といっていた。登ってみるとそんな感じの道のり。勾配がきついとはいえ普通に歩ける道がずっと続き、最後に岩登りになった。

Cimg52312

上から見るとこんな急な岩山。ロープを伝って行く。幸いにして300mくらいしかないが、おっかなびっくり、恐る恐る登る。

上から強豪ランナー達が次々降りてくる。皆さん慣れた様子。

ここにもボランティアの人。ご苦労様。聞くと、こんなに乾いてコンデションがいいのは珍しいと。それでも苦労して登る。

Cimg52292 やっと登りきって夜叉が池畔へ。6時48分。2日目スタートから3時間18分。登山道口から51分。差し渡し100mも無い小さな池だが、たっぷりと水を湛えて深そう。火山湖だろうか。標高1099m。古来より水が枯れたことがとないそうだ。係りの人が到着をチェックして写真を撮ってくれる。

 下りは登りよりももっと怖い。一歩一歩ずり落ちないように。気をつけていても滑り落ちた。お尻をしたたか打ってうずくまる。3日経ってもまだこのとき打ったところが痛い。

 Cimg52322 往路の人とすれ違い。見知った顔に会うと励ましあいながら進む。復路は下りばかりなので途中から走って降りる。

 岩場から離れてすぐに70キロの標識。7時03分。そろそろ日が出て暑くなってきた。とにかく、1100mの山に登ったのに上の方でも全然涼しくない。寒いと聞いて長袖シャツを着てきたのだが拍子抜けだった。

 順調に下り、最後の方で往路の人たちがいなくなった。登山道を抜けてエイドへ。

Cimg52342

エイドは72.4キロ地点。7時36分。登山道の往復に1時間40分かかった。あと62キロ余り。預けておいた半そでシャツに着替える。周りをみると走ってきた人たちは元気そうだが、リタイヤし椅子に座っている人たちも。山に登らずにリタイヤは無念だろう。数人が乗用車に乗って降りていった。

 こちらは、さて。行きたくないけど出発するか。とのろのろ走り出す。

 

«  消耗 | トップページ | 夜叉が池(4)マラニック:復路ーゴール »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜叉が池マラニック(3):山登り:

«  消耗 | トップページ | 夜叉が池(4)マラニック:復路ーゴール »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31