« ぐるっと大阪湾240キロ(3):徳島ー和歌山 | トップページ | ぐるっと大阪湾:レース後&感想 »

2008年6月19日 (木)

ぐるっと大阪湾240キロ(4):和歌山ー大阪

Cimg49212  6月15日0時和歌山港着。和歌山港発1時発90キロコースの人と合流。こちらは0時30分少し早くスタート。写真ではランナーがぐっと増えた。和歌山県にくるのは初めて。

 暗い中スタート。なぜか熱が下がってきている気がする。それほど寒気を感じない???咳は相変わらず体があったまると5分おきにでる。加えて徹夜二日目で睡魔が襲ってきた。同時スタートの人たちはあっという間に先行し置いてきぼり。

しばらくすると丘陵地帯。大川峠という人気のない山道に入る。このあたりで30分後にスタートした90キロコースの人たちに次々に抜かれる。

猛烈に眠く。足の裏が痛く。峠を降りた加太に向かう海岸沿いの神社で座り込む。石畳で少し寝る。でも石が冷たくて眠れない。道路を一人ランナーが通り過ぎた。これでどうやら最後尾になったようだ。仕方ない。起きるか。

 ここからしばらく夜が明けるまで2時間ほど記憶がない。とにかく眠くて。眠れそうなところがあったら一休みしよう、とのろのろ進んだ。持ち帰りのたこ焼き屋前に長いすがあった。15分ほど寝る。たった15分でうとうとしただけだが眠気が取れた。この後夜が明けて眠くなくなった。人間の体は不思議なものだ。2日徹夜しても朝になると眠くなくなる。なぜか熱も下がった。リセットした気になり残り65キロほど。何とかなりそうな気がしてきた。

Cimg49252 南海電車の支線、多奈川線の始発多奈川駅。5時前。もう夜が明けた。この手前に私設エイドがありおいしい果物などいただく。で出発したらここにナビさん、マリリンさんのエイドがあった。急いでもしょうがないし、復活気味だし。座ってカップめんなどいただく。するとOさんが来た。Oさんに「どないしたんや。まだこんなところで」といわれる。寝てしまって、と言い訳。Oさんやはり胃腸がだめでここでリタイヤ。多奈川発5時40分の始発で帰宅された。

これで本当の最後尾になった。Cimg49272 ただ、時間はあるし、足はまだ動くし。我慢さえすればゴールできるはず。でも、その我慢が。。10時間も我慢することを考えると気が滅入る。これがウルトラの醍醐味か。

深日で分岐。岬公園5時36分着。もうとっくに大阪府に入っている。大阪も南北に長いんだ。特徴のない道をひたすら進む。JRの箱作駅。ちらほら電車に乗る人がいる。ちらっとこっちを看て通り過ぎる。

貝掛で旧道に入る。住宅街の旧家は街道筋の定番格子戸になっている。東海道からこの辺まで、格子戸造りの家はよく似た形をしているようにみえる。

Cimg49322国道よりも旧道の方が走りやすい。車が少ないし。排気ガスが少ないし。時々古い建物や旧跡の表示があったり。残念ながら4キロほどで旧道から外れて海岸沿い、りんくうタウンのほうへ。この曲がり角で道を間違えそのまま旧道を進み、線路の位置がおかしい、と気づいて地図見て引き返した。

 海岸沿いの埋立地。果てしないつまらない道をを行く。15分走って3分歩くようなペース。熱はもう下がったが咳が出る。りんくうタウン前のスカイブリッジ。

 りんくうタウン駅前は日曜で人もまばら。あと45キロ。9時通過。制限時間まで10時間もある。でも途中休むし、腹も減ってきたし。まあ7時間、16時目標にしておく。

りんくうタウンの先にエイドがあり。最後尾なので片付けモード。腹が減ったからパンなど食べていたら、「それだけ食べられれば大丈夫」といわれて少し元気が出た。そうか。そういえば食べられる。

 その先にも私設エイド。飲み物いただき出る。「その足取りなら心配ない」と励ましてくれた。また少しやる気が出る。

Cimg49412_2 200キロ超えた。とにかく歩いても前に進んでいればなんとかなる距離になった。はかどらないが。

この辺最後の一番つらいところ。

 高架から分かれてわかりにくい道を迂回して高石大橋を渡る。浜寺水路(運河のようだ)は漕艇場。ボートに混じってドラゴンボート大会をやっていた。なんと数百人が参加している。いつの間に日本でドラゴンボートが流行したのか。あと25キロ。たった25キロ、というか、まだ25キロ、というか。浜寺大橋12時50分。

 ここまでくると早く終わりたい。休まずに走り続ける。コースアウトするとガクッと来るから曲がり角では慎重に。

堺まで来た。20キロを切った。出島南、出島北、の標識があるが出島がどこかわからず。住之江公園、競艇場脇を通り南津守で左折。あと10キロ。もうすぐだ、と走っていたら道がない。地図上ではまっすぐだが?

Cimg49492 ??めがね橋を渡るだが、どれだ?通りかかりの人に聞いたら目の前にあるらせん状の大きな橋のことだと。今更のようにえっちらと登る。

 橋から視た眺め。そういえば今日は朝から曇っている。日が差さないので暑くない。

橋を降りて10キロ無い、もうすぐだ。が、スパートしているつもりが全然進んでいない。足はばてばて。繁華街で通りすがりの人に??という目で見られつつ。

最後市岡の交差点から4キロ。なかなかはかどらない。

Cimg49512 地下鉄大阪港駅を曲がり、海遊館手前にある観覧車。ふー終わった。16時30分ゴール。後で聞いた総タイム40時間14分。最後から2番目で、このあとしばらくして90キロの人がゴールしてイベント終了。

 早い人は14時前についており、近くの銭湯に入り着替えてビールを飲んでいる。皆さん常連さんばかりで本イベントの話、次のレースの話で盛り上がっていた。

 

« ぐるっと大阪湾240キロ(3):徳島ー和歌山 | トップページ | ぐるっと大阪湾:レース後&感想 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぐるっと大阪湾240キロ(4):和歌山ー大阪:

« ぐるっと大阪湾240キロ(3):徳島ー和歌山 | トップページ | ぐるっと大阪湾:レース後&感想 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31