« 遊具 | トップページ | 聖火 »

2008年5月22日 (木)

旺角

Cimg44742  香港の会社のオフィスが旺角にあるので旺角に泊まることが多い。走る場所も決めてある。一番最初に割譲された香港の境界線がある「界限街」にある運動場へゆく。

 運動場が2つあり、朝早くから散歩や体操の人でにぎわっている。ホテルから1キロないくらい。ぐるぐるとグラウンドを回って、写真後ろの丘に登る。丘は高さ50mくらいで5分もかからず登れてしまうが、街の中で山登りができるので必ず訪れるようにしている。

Cimg44692 丘とはいえ登り道は木に覆われていて勾配も急ですぐに汗が出る。今朝は霧雨気味で湿気が高く汗だくになった。こういう香港によくある板で土をかためた階段になっている。走って登るのは難儀。

お年寄りがゆっくりと登ってくる。てっぺんは小さな広場になっていて散歩している人が数人いる。こちらはさっと上がってさっと降りるだけ。

 朝小1時間走るのにちょうどよいが、それ以上だと飽きるので時間があると電車に乗って新界に出て山を走ることになる。

Cimg44772_2

行く途中、雀鳥花園、Bird streetの前で金魚などを売っている。道端に10店くらい即席の店を構えてそこそこ買っているひとがいる。朝早い時間しか営業していないようだ。

Cimg44812 亀も売っている。これは直径5センチくらい。もっと大きいの、小さいのもいる。これだけたくさんいると気持ち悪い。長生きしなさそう。

 香港から深圳経由で上海に戻る。深圳には新しい電車の駅落馬洲から入った。入国審査ががらがら。5分で通り抜けられた。しかし、中国側の駅を出たらタクシー乗り場がみつからず。少し先にタクシーが列を作っていたから乗ろうとすると近いから拒否された。どこかに乗り場があるのだろう。

Cimg44842 深圳空港から上海へ。空港へ入るといきなり地震の寄付を呼びかける看板が立っている。義捐金式典、ということで壇になって募金箱が置いてある。

 来る途中も有名な民族系IT企業が高速道路脇の建て看に「地震に打ち勝とう」というスローガンをもう出していた。中国は今寄付一色。

« 遊具 | トップページ | 聖火 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旺角:

« 遊具 | トップページ | 聖火 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31