« 地震 | トップページ | 神宮 »

2008年5月14日 (水)

日本料理店

 太陽の道ー萩で痛かった左足首。週末走ったらまた痛んできた。で一日休んで今朝起きたらまだ違和感。痛いというほどでもなし。朝のジョギングなら影響ないだろう、と10キロ走る。走り終わったら逆に違和感がなくなった。不思議だ。

 足の腱のような複雑な構造のところは病院で検査してもそうそう不具合がわからないもののようだ。5年ほど前、足底筋が痛くてスポーツ外科で診てもらったことがある。結論は治療の仕様がなく(手術などしても結果を保証できず)、走るのを休むしかない、だった。しばらくしたら自然に治った。

 痛くても腫れないし、ふと痛みが消えるし、テーピングすると効果があるし。腱がすこしだけずれている、という感覚。休めば治るんだろう。とりあえず来週の野辺山終わったら一段落。

月、火と2日続けて日本料理屋に行った。上海の日本料理もレベルが上がってきたが、コストパフォーマンス的に中華料理の方がおいしいからあまり日本料理店にはいかない。月曜日大沽路の「満腹満足」へ。薄味で日本の小料理屋的料理。最後に食べたばってらのボリュームに圧倒された。

 味は良いし席もゆったり。客の入りが良かった。店のある大沽路。聞きなれない名前だ、と地図で確認して行ってみたら。ああ。ここか。完全に面影が無い。10年ほど前ここから300mくらいのところに住んでいたことがある。そのとき大沽路の野菜市場によく買い物に来た。古い建物は全てなくなり、北側が高級アパート。南側が公園。公園沿いにしゃれた店がたくさん。これだけ変わると懐かしさも感じない。もう一本南の長楽路は古い家がまだ残っている。

Cimg43502_2  昨日浦東の「天家」にいった。こちらは上海に3店舗(?)あり有名。年配の又は女性で肉を食べない日本人、という客のターゲットだと思うが、中国人客も健康ブームのせいだっろう、多かった。トロはうまい。ここも満腹満足も店長は中国人のようだ。日本で修行したんだろう。

 入口にこんな看板が掛けてある。「上海日本料理特色品牌企業」実質的な価値はないだろうが、中国はこういうお上の認定証、が好きだ。

« 地震 | トップページ | 神宮 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本料理店:

« 地震 | トップページ | 神宮 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31