« 太陽の道190キロ:やな予感 | トップページ | 太陽の道190キロ:リタイヤ »

2008年4月14日 (月)

太陽の道190キロ:痛み&弱気

Cimg38672 長谷寺の向かう途中のコンビニで食糧補給。パンとゼリーを食べる。12日5時過ぎ。朝食を食べたくなる時間。といっても1時間半くらい前箸墓で食べているのだが。

 太陽の道のルートはスタートの大阪と終盤の松坂以降を除くとコンビニがほとんど無い。時々出てくると立ち寄りたくなる。ずっと同行しているOさん、Rさんと一緒。

Cimg38682_2 長谷寺の参道の新聞店。よく見ると全ての新聞を取り扱っている。すげー、といってみていたら、三島から来たRさんが、うちの辺でもこうですよ、と。そういえば自分の実家の方も中日新聞の店で日経や毎日を売っていた。

Cimg38702 第6ポイント長谷寺56.2キロ着。5時30分。去年よりも50分早い。

 急速に夜が明けた。長谷寺は花で有名、国宝の本殿があったりするらしい。Oさん、Rさんも過去ここをレースで通っているが、3人とも入ったことがなく知らない。もっと太陽の道を勉強しなければ。

 山門のトイレを借りて先を急ぐ。

Cimg38732 長谷寺から登ったところで朝早くからエイドを出していただいていた。こちらは走っているからいいものの実際は寒い。いつもながらサポートの方々には感謝し通し。

 飲み物とロールケーキなどいただき出発。ここから本格的に奈良ー三重の山の中に入ってゆく。

桜がきれい。

Cimg38762 道中ご一緒させていただいたOさんと高束城跡で。Oさんとは昨年の太陽の道、雁坂峠越で同行させていただき、実力は十分承知。今年走ってますます力をつけられていてついてゆくのが精一杯。特に下りは膝が気になって遅れ勝ち。そのたびに待っていてもらった。今回のなんとかゴールまで一緒に行きたかったのだが。

このあたり最初の本格的山道。石畳がすべり下りも走りにくい。

Cimg38782第7ポイント鳥見山公園64.2キロ。6時52分。標識の通りこのあたりは東海自然歩道を行く。自然歩道の矢印があるので比較的迷わずに行ける。

 またまた山に入る。そして。。。

下るところで右足膝内側がズキッとした。ドキッとして走り続けると着地するたびに痛みが走る。今まで一度の痛んだことの無い場所。香港で打った左足ならまだわかるが、右足とは。その後に転んだときの後遺症か?

今までもこういうことはよくあり、走っている最中多少痛くなってもしばらくして治ることが多Cimg38792 い。だから気にせず走ろうとするが、こんどはキーンという痛みまで出てきた。たった65キロそこそこで。

周りはではこんなきれいに桜が咲いていたりするのに。勘弁してくれーという感じ。

 アップダウンを繰り返すうちに、膝の痛みは登りでは出ず、下りで痛むことがわかってきた。

Cimg38802 第8ポイント戒長寺下。71.2キロ。7時54分。ここから舗装路をどんどん下ると葛神社に到着。少し道を間違えたがすぐに神社を発見して降りてゆく。

こちらにエイドがあり、Kさん、Yさんが待っていてくれた。まだここでも2位グループ。後で振り返るとやはりオーバーペースだったんではないかと思う。練習不足でオーバーペース。全く自分がわかっていない。

Cimg38822_2

道を渡って室生ダムの方へ行く。ここも東海自然歩道で舗装していない道をしばらく走り、ダムの途中でつり橋を渡る。

 ふと橋げたの注意を見ると「制限重量200キロ。3人以上同時に渡らないこと」とある。そんな。100m以上ありそうな橋に3人だけなんて。知らない観光客は10人くらいいっぺんに渡ってしまうのでは。知らなければ良かったが知ったので急に怖くなって恐る恐る渡る。

第9ポイント室生ダム79.2キロ。9時5分。しっかし。80キロ走ってもまだ半分までいかないとは。相変わらず膝が痛い。平地の舗装路だと痛みが少ないがこれからまだ100キロ以上あり行く先が心配で仕方ない。

Cimg38842_2 それなのに。。ここから30キロほどが太陽の道のハイライト。山道の連続になる。急坂、石畳、でこぼこ道、一昨日の雨で小川と化した道。

でも走れないわけでないからOさん、Rさんにくらいついてゆく。下りは遅れてしまうが、登りはもともと得意で膝にもこないからなんとか追いつこうと踏ん張る。ここで無理しなかったらどうだったろうか。

 なんとか膝が痛くない走り方はないかと試していたら、内股気味で走ると痛みが少ないことに気づいた。内股気味に走る。これがかえって傷口を広げる。

Cimg38852 門守峠からの石畳の下りに更にダメージを受けてOさん、Rさんに大きく遅れて第10ポイント室生寺着。85.2キロ。10時5分。この6キロにちょうど1時間。上り下りを考えると早い。ただ、この時点で去年と35分の差に縮まった。

 Oさんがマラニック御用達のこの店にいて、カレーを食べようとしていた。暖簾をくぐったら先に行ったはずのRさんが見当たらない。2人でカレーを食べていたらRさん登場。間違えて町外れまで行ってしまい戻ったと。

 おなかがすいてカレーがおいしい。水も何杯かお代わり。胃腸は絶好調。しかし、心中ではこのまま痛みがとれなかったらどうしよう。ひどくならないうちにリタイヤしようか。と早くも考え始める。

 

« 太陽の道190キロ:やな予感 | トップページ | 太陽の道190キロ:リタイヤ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の道190キロ:痛み&弱気:

» ドクター水素水 [ドクター水素水]
ドクター水素水の最安値は? [続きを読む]

« 太陽の道190キロ:やな予感 | トップページ | 太陽の道190キロ:リタイヤ »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31