« 安城緑道:到着 | トップページ | 中部国際空港 »

2008年3月23日 (日)

安城緑道マラソン

Cimg36682_2 この「三河安城緑道マラソン」は18回目。記録や勝負を争わず平坦コースをマイペースで走る手作り大会。参加費2000円と安く、名簿を作らないから締め切りも遅い。自分のようなのんびりランナーに向いている。

 場所は安城市総合運動公園という立派な施設の真ん中にある陸上競技場。JR安城、名鉄安城からバスで、と案内にあったがJR安城から歩いて20分ほどで着いた。

Cimg36732 2月にジョギングし、今回マラソンコースとなる安城自転車道脇に運動公園がある。街が裕福なのできれいな公園。

スタート前の注意事項説明。左の旗の方が旗を振ってスタート場所で招いていた。コースは自転車道でわかりやすい。前の人についてゆくように、という簡単なコース説明。爆笑。

Cimg36742 フルの部とハーフの部の2つあり、フルが550人、ハーフが530人と言っていた(気がする)。年々増加中と。フル9時スタート(ハーフは9時半)。フルはハーフのコースを2周する。

9時スタート。予報では曇り。日が差して暑くなりそう。望むところだ。

とりあえず膝の怪我の様子見が優先だから目標タイムは3時間45分。1月の廈門マラソンが3時間32分くらいだから少し遅いだろうと。でもそんなに膝のダメージもなかろうと。

Cimg36752 明治用水上の自転車道をひたすら走る。まず南へ。2月も写真を写した明治用水開通120周年記念という壁画のあるコンクリート。

 JRのトンネルを抜けて安城市役所のある公園を通り田園地帯へ。

 足はどうか?多少左膝がうずく。大丈夫だと思うが無理しないようにペースを落とす。

Cimg36782_2 しばらくいくと折り返したエリートランナーとすれ違い始める。7キロすぎあたりの田んぼの中で最初の折り返し。すでに隊列がまばらになっているのですれ違っても混雑するようなことはない。当然皆さんまだ元気一杯でどんどん追い抜かれる気がする。

天気が良いからもうのどが渇いてきた。給水がありがぶっと飲む

Cimg36802

時々信号を渡る。原則信号厳守だが各交差点に大会関係者の方々がいて車がいなくなると通してくれる。途中警官もみたから警察の了承を得ているのだろう。

それでも5-6回信号待ちした。全部で2分くらいはあったと思う。でも待っている間に疲労回復するしそういう前提だからのんびり待つ。

Cimg36812  自転車道沿いにトイレが充実している。マラソンでトイレが我慢できなくなるのは序盤が多い。あれは気になりだすと力が入らず本当に苦しい。自分にとってもマラソン序盤最大の懸念点。このコースは序盤トイレがたくさんあり心強い。幸い今回トイレのお世話になることはなかった。

見ての通りスタートしたら日が出てきた。

Cimg36822_2

そうこうしているうちに10キロ。足の調子は?悪くない。ここまで52分できている。3時間45分ペースだ。少なくとも膝は痛くないから中盤以降大きく落ち込まない限りも少し早くゴールできるだろう。

 15キロが1時間18分。この5キロ26分。足が動くから5キロ/分にペースを上げる。

Cimg36842 15キロ手前。運動公園前のエイド。エイドは飲み物が水とポカリ。食べ物がバナナ、オレンジ。シンプルだ。気温がどんどん上昇するのでエイド毎に水を取る。

日曜とあって運動公園内は野球やテニスその他で人出が多い。子供連れもたくさん。同じ自転車道沿いの歩道をウォーキングイベントの人たちも歩いている。あちらも人数が多くてこちらが走っているとどいてくれる。

Cimg3688 20キロ手前。明治川神社の折り返し。しっかし。明治用水まで神様として祭ってしまうとは。日本人らしい。

 20キロ1時間42分。この5キロは24分強でカバーした。そこまでスピードを上げたつもりはないがペースが上がっている。思ったよりも調子が良いことを確信する。このままいけるところまでいこう。

運動公園を過ぎて半分終わり。コースは2回目で目新しいものはない。ひたすら前を見て、転ばないように、フォームを崩さないように。

 自分のフォームを今まであまり考えたことがない。ウルトラは消耗を減らすようになるべくすり足に近いピッチで。短い距離だと歩幅を伸ばして強く蹴る。くらい。体重や重心について気にしたことはない。転んでばかりだったので、すり足には慎重になる。すり足だと小さな障害物にも躓く。前傾姿勢が過ぎると躓いたとき転びやすい。いろいろ試してみたが何が良いかよくわからず。このあたり調子がでてきてストライドが長くなった。

 Cimg36922

20キロー25キロは24分半。25キロー30キロ25分。2時間32分。あと12キロ。1時間で走ればちょうど自己ベストくらいだ。まだ疲れていないから飛ばせば3時間半切れないか?

などと都合の良いことを考え始める。実際、道路や線路と交差する地下道をこのあたりみんなゆっくり降りているが、速度を緩めなくても太腿はなんともない。

膝のうずうずは走り始めたときと変わらず。ときどきうずく。どっちにしてもあと12キロだからがんばることにする。

Cimg36942 35キロ2時間56分。5キロ24分半でスピードは落ちていないがさすがに疲れてきた。でもあと7キロ。幸いスロースタートなのでばててきた周りの人をどんどん抜かしてちゃんと走っている気にさせる。それをてこになんとか足を伸ばす。

40キロ。3時間23分。ちょっと苦しいか。でもあと2キロだからスパートする。

スパートしたつもりがあんまり早くなさそうで気をもむ。運動公園の入口から入りゴールまでが思いのほか長い。7-800mくらいあろうか。スパートのランナーを抜いたり抜かれたり。いつも光景。

Cimg36972 3時間32分15秒くらいでゴール。この大会は表彰などしないとはいえ、89位だと順位を教えてくれる。500人いて89位だからまあまあだろう。

 次々と前後を走っていた人たちがゴールする。写真の人はハーフです。

みなさんお疲れ様でした。天気は曇りがちで気温も思ったよりもあがらず。

Cimg36992 これは?わかりにくいがゴールで振舞われる豚汁。案内にはごみ削減のためにマイカップ持参してください、とあった。忘れたがカップをもらえた。場所が場所なので豚汁も八丁味噌仕立てで黒い。

 この他受付時にお茶のペットボトルとパンを2つくれた。ひとつはアンパンだったが、ゴマが入っていておいしかった。もうひとつのブルーベリージャムパンもうまかった。日本のパンはうまい。

Cimg37012

完走証をゴールゲートでくれる。自分で書いてくださいと。東京の喜多マラソンと同じ趣向。

 3時間32分15秒はわずかながらフルマラソンの自己ベスト。不思議なものだ。怪我あがりでここ1ヶ月練習量は少なかった。休んだのが良かったか。シーズンには100キロを月2回ということもあるが、そういうときは実は疲れがたまっているのか。今回後半もばてなかった。信号待ちがなければもう少し良かったかもしれない。

左足足底筋は靴を変えてよくなった。前のミズノの厚底練習用はでかすぎて紐で足を固定することが足底筋痛の原因だったようだ。今回3年前の上海マラソンでもらったミズノの薄い靴を履いたら足にフィットして効果あった。今後ロードの時はロードモデルを履いてみよう。

 膝が大丈夫だったのでこのままうずうずが治れば長丁場もいけそうだ。安心した。

Cimg37001陸上競技場から帰りがけ。野球場で草野球をやっていた。中国で草野球を見るのは珍しいのでしばらく観戦。サドンデスになり、最後満塁でホームラン性の大きなヒットが出て決着。殊勲のバッターは本当にうれしそうだった。

 

« 安城緑道:到着 | トップページ | 中部国際空港 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安城緑道マラソン:

« 安城緑道:到着 | トップページ | 中部国際空港 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31