« 南蛮 | トップページ | マクドナルド »

2008年3月31日 (月)

休日

Cimg37212 上海で時々桜を見かける。科技館横の三菱商事の敷地とか、世紀公園周りにもある。世紀大道の浦東南路交差点北東側には立派な植え込みがあり今満開。

 朝のジョギングコース張家浜にある矮木。花を見ると桜に見えるが木を見ると桜らしくない。狭い間隔で生垣みたいに植えてある。こちらは八分咲きくらい。週末雨で寒かったが今日は晴れて気温も上がりそうなので満開になるだろう。

 知り合いで3月に家族が帰国し単身赴任になった人から「休みとかどうやって過ごすの?」と聞かれた。どうやって、といわれても。仕事以外で義務感のあるお付き合いはないから休みの使い方は自分で決めるしかない。もともと「今のうちに何かやっておかねば」的な志向はない。目標設定してどうこう、もない。だから時間の使い方に建設的なコメントなどできようもない。

 それに自分のやっていることを人に勧めることも昔からしない。近頃時間を使っているといえば、長いマラソン、中国語の本を読むこと、中国田舎旅行、あたりだが、どれも他人に良さを説明して仲間にしようと思わない、ようだ。巻き込むにはそれがいかに素晴らしいか、を説明し、相手にやってみよう、という気を起こさせることが第一歩だろうが、なにせ、何でそれが好きなのか自分でもよくわからないから説明のしようがない。

 自分としてウルトラマラソンをやる理由はダイエットなのだが、ダイエットのために100キロも200キロも走るのは自分でもおかしいと思う。でも、せっかくやるならできる限り長く走りたい、という妙な気持ちが異常に強い。それが説明できない。苦しいとまではいかないがしんどいのに。

 中国語の本を読む理由は「時間がかかるから」。現代物でもせいぜい1時間40ページ、武侠小説の擬似白話体だと1時間で20-25ページしか読めない。部屋でゆっくりしているときは辞書を引きながら読むこともあるのでよけい時間がかかる。面白いから読むのだが、ためになるわけでなし、面白さを分かち合う人がいるわけでもなし。でも、舗装路でなくて岩山を這って登るようなそんな歯ごたえが楽しいというか。

 中国の田舎は行ってみると意外に観光地化されているか、逆にただの汚い建築物、遺構だったりする。どちらかというと、そこに行くまでが楽しい。知らないところで、方言のひどい人に聞きながらバス停を探したりするのが楽しい。普通、そういうのは億劫だろうが、野菜や果物の袋を持った農民が満載のオンボロバスでなんでもない村にいって、ぬかるみを歩くこと自体が面白い。

 嗜好なのだからしょうがないか。もう少しうまく説明できれば仲間もみつかるのだろうが。

« 南蛮 | トップページ | マクドナルド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休日:

« 南蛮 | トップページ | マクドナルド »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31