« 寄り道 | トップページ | 奈良(1) »

2008年2月 7日 (木)

豊田安城自転車道

 Cimg29972 6日朝から自転車道を走る。

東海道線の線路脇の通りからスタート。終点から7.8キロ地点。起点まで28.5キロ(全長36.3キロ)。とりあえず終点まで行くとしてその後どうするか?戻って刈谷のほうへ行く別の自転車道がありそうなのでそちらへ行こうか、と都合の良いことを考える。コースマップはは愛知県のHPに出ている。

 曇り。風は弱い。でも寒い。このあたりでこんなに寒いなんて。滅多にないことでは。通りすがりに聞いたおばさんたちの挨拶も「冷えるね」だった。

Cimg29992 コースは明治用水沿い。ときどき明治用水にふたをしてその走ることもある。明治用水というだけあって明治にできたらしく、水路はさほど広くない。

 人通りは少ない。灌漑用水なので周りは農地。冬のこととて農作業する人も少なく。

 時折自転車の人とすれ違う。走っている人もちらほらいる。平日なのに?と自分をみて相手も思っているか。

Cimg30022 3キロほどで名鉄名古屋本線の線路。名鉄のユニークな車両はいつまでたっても変わらない。この先頭車両30年以上同じだ。金が無いんだろうか。特にこの色使い。いまどき赤い電車。安心するような。田舎っぽいような。車両の寿命があるならば別によいが。

 進路は北上するので常に向かい風。これには早いうちからいやになってきた。

Cimg30052 5キロほどで豊田市に。早めに言ってしまうと、自転車道の整備は安城の方が格段に良い。豊田にはいると通りとの立体交差は減り、新大通りができると寸断されている。やはり自動車の街豊田なのか。大いにがっかり。中部空港を作る金があるならば自転車道の整備など容易いもののはずだ。足元を見ていないというか、もともとそういう考えが欠如しているのか。

 多分幹部の人たちは自転車に乗ったことが無いのだろう。

Cimg30062 起点から14キロ弱。三連水車。元は発電?用の実用的な代物らしい。水車の直径3mくらい。巨大な水車。今も回っている。

愛知県のマップだとここに知立・刈谷方面の自転車道との分岐があることになっている。走っていてはみつからない。そのまま通り過ぎた。

Cimg30122 「ようこそ糟目春日神社へ」701年創建と伝えられる古い社。境内と社殿は小ぶり。建物は少し古そう。なんでこんなところに神社を作ったのか。昔のことはうかがい知れない。

 寒い昼間とて人っ子一人居ない。ひしゃくですすぐところにも水がない。余計寒々しい感じ。

Cimg30152 しばらく何の特徴も無い道。途中一般道になったり、わかりづらくなり始める。自転車どうらしくなくなり疲労感が出てきた。

 矢作川の河口から35キロ地点あたり。汐差神社跡の碑。このあたりは森で川べりは建物も人気もない。

相変わらずの向かい風。気勢を削がれる。Cimg30192

水源公園の明治用水取水口。豊かな水があふれている。矢作川は取水口だったんだ。

 公園から散歩道風に一部整備されている。しかし、自転車道はこのあたりからどんどん寸断されて危なかったり、道がわからなくなったり。だんだん疲れてきてつまらなくなり始める。

Cimg30242  

アップダウンがあり、コース自体はは悪くない。トヨタのテストコースの下を走る。見上げると厳重な柵が。用水が堀になっている。さすがトヨタ。城を構えているのか。

ここを通り過ぎて、歩道橋を渡り。バイパスのようなところで道がわからなくなった。西に公園道があり、こちらか、と入る。数キロいってどうもおかしいと戻る。

ここで走り始めて最初に飲み物を取る。もう2時間半経つが、寒いからのどが渇かない。三ツ矢サイダーがあんまりおいしくない。とぼとぼ戻り、見失ったところから探してみると、大通りの向かいに標識が出ていた。

 100mくらい迂回して信号を渡る。

Cimg30302

豊田市中心部へ。道がずたずたになっていてところどころこういう標識がある。これはもう自転車道ではない。元々あった道を車のために寸断する。東海道と国道一号線の関係と同じだ。なんとかならなかったのか。

 標識の中には230m迂回、などというものもある。ひどすぎる。所詮トヨタなどこんなもの、ということか。

Cimg30322

朝日小のところまた迷う。別の道を行き戻る。やる気がどんどん失せてゆく。

 なんとか本線に戻り、最後の平芝公園。アップダウンが少しある。このほうが気分転換に良い。

公園を過ぎると道なりに右に曲がり、すぐに矢作川たどりついて終点。のはずが?

Cimg30332 名鉄線をくぐったら道がなくなっていた。地図通り住宅街をまっすぐ行くと川に。着いた。とよろこんで川の名を見ると篭川。ここでよいのだろうか?

 いまさら探すのも面倒だし、しばらく佇んで帰る。5キロほど走って戻り名鉄豊田市駅から帰る。

途中刈谷で「明治用水西井脇自転車道」を探すがみつからない。駅の地図にもそんな名前は無い。自転車道は廃れているのか。

走行距離(寄り道、コースアウト入れて)42キロほど。

« 寄り道 | トップページ | 奈良(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊田安城自転車道:

« 寄り道 | トップページ | 奈良(1) »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31