« 煮干 | トップページ | 宮古島100キロ:霧の空港 »

2008年1月 9日 (水)

  昨日、今朝と夜明け前から濃霧。上海発着のフライトが大幅に乱れている。地面が冷え込んだところに気温が上がると霧になるそうだ。江南一帯は水郷の里といわれるように縦横に水路があり無数に池があるから冬季に霧が発生しやすい。

 少し暖かかくなったから走るにはちょうどよい。今朝も15キロほど。霧だから真っ暗。自転車、電動自転車は皆無灯火だからより慎重に。なるべく人通りの少ない道を走る。が、そうすると人気がなくてぬっと3人くらい男性が出てきて少し怖かったりする。

 暗い街路灯だと前もよく見えないから注意しないと。例年この時期走っていて転んでいる。一昨年はちょうど宮古島の直前で1週間ひざが痛かった。

Cimg24032 少し古い写真。元旦の朝、アパートの池。1センチくらいの厚さで凍っていた。このところ上海は12月-1月が寒く、2月にかけて緩んでくることが多い。

« 煮干 | トップページ | 宮古島100キロ:霧の空港 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 煮干 | トップページ | 宮古島100キロ:霧の空港 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31