« 金橋へ | トップページ | ハセツネ(続報) »

2007年10月21日 (日)

ハセツネ

 祝ドラゴンズ日本シリーズ進出。 昨日久々に最初から最後まで野球の試合を見たけど、巨人はなんだか最初から元気がなくて負けそうな顔している選手が多かった。

 今朝は短めに14キロ。またまたからっとした快晴。走る人、サイクリングの人。世紀公園周りにたくさん。

 走りながら昨日、今日はハセツネ(日本山岳耐久レース)だったことを思い出した。帰ってHPのレース速報をみると、あれ。今年は鏑木さんも横山さんも桜井さんも韓国の選手も出てないんだ。ゴールタイムは男子、女子ともに去年より遅い。天気が悪かったのか?やっぱり去年のレースはすごかったんだ。

 ハセツネといえば3年前出場した時岩にパンチして突き指した右手中指がまだ完治していない。未だにまっすぐに伸ばせない。レース後レントゲンを撮ったところ骨に異常はなかったから靭帯損傷。しばらくは隣の薬指もいたかった。

 1ヶ月前雁坂峠越えで滑落した時痛めた右肘も、ついて体を支えたりすると痛む。だんだんよくなってきているし曲げたり伸ばしたり、には支障ない。病気しない代わりにこのところ山岳レースなんかで怪我が多い。ハセツネでは捻挫もしたし。

 賈平凹の「浮躁」に「你感到你身上的某一部分存在的时候,你的某一部位就是生病了。」(体の一部分が存在することに気がついたときはその部分が病んでるんだ)というせりふがある。体のすべては全身と調和するようにできているから、一部分が気になるとということはそこが悪い、ということ。内臓なんかまさにそうで、内臓の存在に気がついたら入院ものだろう。

 右肘もそうだった。寝る時まず右肘で体を支えてから横になる習性を持っていることを生まれて初めて知った。

 とりあえず11月のTWも安全優先でいこう。

« 金橋へ | トップページ | ハセツネ(続報) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハセツネ:

« 金橋へ | トップページ | ハセツネ(続報) »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31