« またもやうっかり | トップページ | 村岡100キロ:自分がわかる(?)まで »

2007年10月 1日 (月)

村岡100キロ:レース前

Cimg05282_2 とりあえず鈍行で八鹿に向かう(急がなくていいのか?)。。12時6分京都発園部行き。1時間弱のって園部で福知山行きに乗り換えまた1時間。福知山で豊岡行きに乗り換え15時9分八鹿着。約3時間。やっぱり遠い。

Cimg05292 いつも感心するきれいな日本の駅弁を食べ、本など読みながらゆく。でも鈍行だと駅弁食べてる人もいない。ちょっと恥ずかしい。

                 

Cimg05322 

八鹿(「ようか」と読みます)駅には当然ランナーが沢山降りる、と思ったら。がーん。京都からずっとみかけた東京からの方が一人降りただけ。他の人に聞けばいいと楽観していたらその人も初めて。駅前にはマラソンバスなどない。でも、(当然)その人が行き方案内を持っていた。指示通りバス停へいくと村岡行15時5分が出たばかり。次は16時だった。電車が着く4分前にバスが出るとは。接続悪すぎ全丹バス。

駅前でぶらぶら。周りは山ばかり。

16時のバスに50分ゆられて村岡へ。990円。受付の村岡体育館はバス停前なのに土地の人に聞いてもしらないみたいで少し迷う。

Cimg05432

正式には「村岡ダブルフルウルトラランニング」。発足時フルの約倍の85キロだった名残でしょうか。

受付でプログラムと参加賞の味噌、燻製の肉とソーセージをもらう。100キロ参加者男性260人、女性25人。

Cimg05362 Cimg05392

受付して体育館へ入ると歓迎祭。どんどこ、ドンドコ、だだだだだー。果てしなく太鼓をたたいている人たち。それにしても万国旗。運動会シーズンだなーー。

村岡は今回10回記念大会。10回連続出場者全員の幟が出てたのには驚いた。こんなのはじめてみた。普通10回完走でTシャツとかジャケットくれるくらい。へえーー。

Cimg05422_2  軽食食べて(飲み物は有料)選手の紹介など。そうこうしているちに当日仮装して走る人のうち何人かがすでにそのいでたちで会場にいることが話題に。集めて記念撮影。撮影大人気だった。

 レース時にはこのほかにもアンパンマンや農作業姿の人も見かけた。どうも関西のウルトラは仮装が流行りみたいだ。関東はもっとタイムにこだわるような、真剣なような。地域性の違いか。  

 この後抽選があり。景品は地元のナスとか、トマトとか。もらっても困るんだが。                      

18時終了。主催者のバスでハチ北温泉街へ。

Cimg05702 Cimg05442_2

 宿は3年前と同じ「みはらしや」です。純和風の6畳間。こういうの久しぶりに泊まると新鮮。満員でないので個室。おかげでよく寝られた。

 21時就寝。夜中雨音で目が覚める。えーー。あんないい天気だったのに。                                                           

« またもやうっかり | トップページ | 村岡100キロ:自分がわかる(?)まで »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 村岡100キロ:レース前:

« またもやうっかり | トップページ | 村岡100キロ:自分がわかる(?)まで »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31