« 雁坂峠越え140キロ:川越までの長い道 | トップページ | 台風 »

2007年9月18日 (火)

雁坂峠越え140キロ:レース後

Cimg04322_3 川越湯遊ランドの正面玄関。ゴールは裏側。

風呂に入りビールのみ3時過ぎ仮眠。まだ人が少ないが仮眠室狭く折り重なりつつ寝る。

いつもながら体が火照って熟睡できず。6時過ぎ目が醒める。左足足首はじめ足全体が痛いが筋肉痛系で大きなダメージはなさそう。

 7時前重い荷物もってランドを出る。東武線川越市駅まで歩く。脂汗がにじみ出る暑さ。池袋、日暮里と乗り継いで2時間半で成田空港。13時50分発上海行きMU524に乗る。

感想:自分の力ではこんなものだろう。とにかく峠からの下りで足をやられたことと秩父で30度を越える暑さ、単調な道、タフなレースだった。永久ゼッケンをもらえたがこの苦しさ。来年も参加するかどうか考えどころ。

 山を降りてからエイドは13キロー18キロおき。走る前は間隔長いかな、と思ったが、マラニックは自給自足が原則だし、どこもエイドは充実していて不足感はなかった。結局自販機のお世話になったがコンビニには一度も入らなかった。

沢で滑落した時打撲した右ひじが痛い。腫れてないから骨には異常ないと思う。そのほか全身衣服とのずれが激しい。背中はTシャツとリュックのずれ、脇は手を振る時の布ずれ、胸にもある。一番ひどいのはまたずれで下着が合わなかったようだ。こんなの初めて。山で木を杖代わりにしたときすりむいて右手親指と人差し指の間の皮膚が5mm四方位破れている。

 

« 雁坂峠越え140キロ:川越までの長い道 | トップページ | 台風 »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雁坂峠越え140キロ:レース後:

« 雁坂峠越え140キロ:川越までの長い道 | トップページ | 台風 »

無料ブログはココログ
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31